スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も一年ありがとうございました!

2010.12.30.01:03

無事に今年も終わろうとしています。
今年はいろんなことにチャレンジした一年でした。
自給会員さんの募集、つくばで野菜販売、からだ・こころ・農自由塾の開催、子供が参加できる畑体験の企画
収穫祭ではオカリナコンサートなどなど、、

大変だったことも、今思い返せばすべてがよい思い出になります。

なんだか自分の方向性なんかが見え隠れする一年でありました。
私はここで何をしたいのか、、、

日本の原住民族精神を再創造し、それを農的暮らしを通して表現したい、、、のでした。

なんだかそれがみんなの幸せというものにつながっているような気がします。
何より楽しい!!

先日もちつき会をしました。みんなで25升の餅を臼と杵でつけたのです。
途中からは生演奏の音楽が加わり、南米のフォルクローレが冬の里山に響き、それにあわせて餅をつきました。
わたしたちは朝8時ごろから始めているので、いい加減疲れているはずなのに、音楽にあわせたら楽しくて、踊っているようにつけました。周りからの一斉の掛け声も元気がでました。一つのことをみんなで仕上げようとしている、何か一体感を感じました。ひとりひとりができることを少しづつ、、で
結局25升の餅をつけた、、ということに感動しました。参加されたみなさん、お疲れ様でした!ありがとうございました!

音楽にあわせて餅をついているときに、
私が「あ~こんなふうだったらいいのにな~」と思っていた世界が、もう今ここに実現しているということに驚きました。日本的原住民族的暮らしの再創造。

なんだかうれしい暮れでした。


今年一年みなさんにはたいへんお世話になりました。
みなさんもどうぞ一緒に、この創造的暮らしに、創造的に関わってくださいね^^
また来年もどうぞよろしくお願いします!
スポンサーサイト
プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。