スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜神様

2011.04.06.22:46

1か月ほど前に夢をみた。

巨大な大きなプールで、竜神様と泳いでいた。
竜神様の顔は、神社で手を洗うところにいつもいるあんな感じで、口の両脇のひげはものすごく長く、お腹などはなまめかしく、蛇のようだった。
竜神様はプールのなかをぐるぐる回りながら泳いでいた。わたしもなんだか一緒に水にもぐって泳いでいた。竜神様が動くとその勢いで、わたしもぐるぐるした。

プールから上がってから、わたしは緑色の公衆電話に10円をいれて、誰かに電話した。電話口にでた相手は
「このことは誰にも言ってはいけない」
といって、それだけで電話は切れた。

そんな夢。


今思い返すと、今回の原発事故のことを暗示していたような気がする。
放射能に汚染された水は、どこかの巨大プールに移されるらしいが、
あの夢にでてきたプールはもしかしたら、そのプールだったのか?

そうだとすれば、竜神様は自分の身を投じて、水を必死に浄化しているのだった。

今でもまだまだ予断を許さない状況だが、わたしは一生懸命あの竜神様にお願いした。
「爆発だけはしないで」と。
あの場所では火の神様と水の神様が闘っていた。竜神様は水の神様で守り神様なのである。

今のところそれをまぬがれているのは、やはり竜神様のおかげなのだと思う。

わたしは竜神様を応援することしかできない。何かできることがあればなんでもする。
だから竜神様、お願いします。がんばってください!!


今日は畑に小松菜の種をまいた。とてもいい天気で心地よい風は吹いていた。
いつもとまったく変わらない景色。土の感触。

でも違うんだな。でも、もうすでに身の回りにあるものを否定しながら生きるのはいやだから
あるものに対しては敵意をもたないようにしようと思っている。
「放射能」にニックネームをつけた。「ピッタちゃん」

「ピッタ」とはインドのアーユルベーダでは「火」という意味だ。

そうしてかわいがろうと思う。

いままでだってさんざん地球は人間に汚され続けてきた。この30年で日本だってまったく風景も変わってしまった。そして世界で考えれば、飢えて死んで行く人は1年間で200万人という。

そんな人間をそれでもまだこうして生かしてくれている地球の愛の大きさはいかほどか。

こんなにひどいことをし続けてきているのに、人は生かされている。

今日はそんな愛を感じながら畑に居た。
スポンサーサイト
プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。