スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自給暮らしの食べかた at 千年一日珈琲焙煎所

2011.07.23.04:21

 草取りほかもろもろ忙しくて夜はもうご飯を食べたらぐったり、、の毎日でした。6月末から北条にあるカフェポステンさんで「梅干し作りの会」、千年一日珈琲焙煎所さんでの月1回の「自給暮らしの食べかた」が6月から始まり、
頭もフル回転状態。
 自給暮らしの食べ方は昨日2回目で、たーくさん採れたトウモロコシを使ってのコーンスープがメインの夏料理でした。みなさんでつくる料理は楽しいしおいしいです。手がかけられるだけあって一人では絶対!!やらないような料理もできるし、年代、性別、立場を越えての情報交換もとても有意義だと思います。
 千年一日さんの台所は広いし、アイランドタイプでみんなが向かいあって料理できるのでこんなことには最適な場所です。大きな白いプレートに料理を盛り付けると「ん?どっかのカフェ?」状態です。お店の前の二宮公園の景色もいいし、楽しい楽しい。と一番私が楽しんでいるかもしれません。今日は松戸の友人が子供連れで参加してくださって、子供も一緒にトウモロコシの皮をむいたり、簡単な野菜を包丁で切ったりと、とうもろこしをちゃんとつまみぐいしたりして(これが一番おいしいのです。)、楽しんでくれたようです。
 今回は+「糸紡ぎからみた世界」ということで、段ボールとわりばしでつくった糸紡ぎの道具で綿を紡ぐことをやったり、ガンジーの「自立の思想」という本から糸を紡ぐことの大切さを書いた文章をみなさんで読んだりしました。
 「自給暮らしの食べかた」は毎月第4金曜日の10時半から14時ごろまで、次回8月26日です。夏野菜の名残りで料理します。興味のある方はふたば自給農園 佐藤までご連絡ください。email  yurifutaba@y7.dion.ne.jp
今日参加のみなさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。