スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼが人と人を結い始めるとき

2012.06.09.22:28

あっという間に田植えが終わりました。3日間で参加者は述べ20名+子供たち、、。
参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。おかげさまでした。

今年の苗床はやわらかくて、苗もとりやすかったんですが、やはり苗とりで結構な時間を割きました。
2本植えだったので、苗とりも本数は倍になりますもんね。

でも3日間とも田植え日和で、お天気には恵まれました。

今年の植え初めの儀式は、近くにお住まいの方に
オカリナ演奏をしていただき、自然の神様とみんなで
今年もよくとれますように、お願いしました。

着物姿で来られて、田んぼの横でオカリナを吹いてくださいました。

またの機会にぜひ田んぼの一番上で演奏していただきたいものです。

「結いの田植え」から始まり、無事に「結いの米」ができますように。

今年の田植えでこの「結い」という言葉が似合う一日がありました。詳しくは書けないのですが
立場の違う者同士が同じ田んぼで田植えをしました。田んぼを通して何かが生まれたらどんなにかいいでしょう。
田んぼは何を結わえようとしているのでしょうか?

スポンサーサイト
プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。