スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼと共同体

2013.05.04.19:58

今日は田んぼがとてもにぎやかでした。あっちこっちで田植えが
行われて、一族総動員のところもあります。
みんなで田んぼで休憩している姿は本当にいいものですね。普段はひっそりしている田んぼも
さすがに今は活気づいています。

昔は今の面積以上にみんなで手で植えていたので、なおさらにぎやかだったことでしょう。
「結い」で今日は誰それの田んぼだ、明日は誰それの田んぼだ、、とみんなで回って植えていたのです。
そして毎日夜はその家がご馳走をふるまうそうです。いったいこの面積を植えきるのに
どれくらいの日にちがかかったんでしょうか?今は協同作業もなくなり、
田舎でも人と人との交流がなかなかもてないようです。一緒に作業することで
言葉はなくても、お互いの関係が深まる、共同体の関係性が深まるということが当たり前にできていたのだと
思います。今はそれも人口的に創っていかないとそんな場もありません。都市ならなおさらですね。
意図的に行われてきた人の心の分断は本当に功を奏したようです。
スポンサーサイト
プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。