スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快療法と楽健法

2015.02.26.22:59

なんと昨年のまとめも新年のごあいさつもなしで、みなさんごぶさたしております。
ふたばでございます。

農園のほうもだんだんと野菜を作れる量も増えてきて、いったん落ちた原発直後からくらべると大変ありがたいことに
食べてくださる方も増えてきて、ようやく農園としての形が整いつつあります。番狂わせの原発事後で苦労しましたが、福島の人たちのことを考えるとそんな贅沢は言えません。しかも原発事後はまだまだもうすぐ4年が経つというのに、何の解決もありません。想像したくありませんが、いよいよ悪くなってきてるとも言えるでしょう。日本という国はいつまであるのだろう、、、と思う日もあります。けれども目の前の野菜を育てることによって、私は精神的に日々癒されています。育てることの喜び。これは食べておいしいということより更に素晴らしい体験です。

原発のおかげさまということでいえば、健康関連での知識や技が身についたことです。
3.11以降から快療法というすばらしいものに出会いました。自分でも健康チェックなどできるようになり、身近な人をチェックしてあげたりもできるようになりました。これのすばらしいところは、お金がかからない、その辺にある植物で対応できる。自分でチェックできる。しかも放射性物質の影響による健康被害も改善できるところです。
もうひとつは楽健法。これは足で相手を踏んでリンパの流れや血行をよくするものですが、これと快療法を合体させると相当なところまでできそうです。いずれも百姓仕事の合間をみて勉強しています。今後も農園と健康関連を合体させるようなことをもくろんでいます。どんなふうに展開していけるか本当に楽しみです^^
スポンサーサイト
プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。