スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その季節の畑や土と相談しながらの料理~自給的に食べることの意味~

2016.03.19.07:55

●その季節の畑や土と相談しながらの料理~自給的に食べることの意味~
私たちの野菜を年間通して食べていた方はよく感じることかもしれませんが、季節によって同じ野菜が続くときがあります。夏や冬はその傾向が強いかもしれません。とはいっても一年中暑い国であれば、更に種類は減って一年中同じ野菜を食べることになるかもしれません。日本は気候風土が豊かで春夏秋冬という季節があり、もっと細かく言えれば二十四節季というふうに二十四にも細かく分かれてその時々風土の特質が変幻しながら流れていきます。日本人の心遣いが細やかであったりするのも、こんな季節に一年中合わせて暮らしていける変幻自在性をもっているのだからなるほどと思います。毎日畑に通っているとこの二十四節季も深くうなずける暦であるなと感じます。
体が必要な栄養分やエネルギーなどを効率よく採る一番よい方法は、その時の気候に対応して育った野菜を食べるということ、その季節にたくさんあるものを食べるということです。気候によっては不作の野菜がでてくることもありますが、これは気候的にはその野菜はあまり食べなくてもよいという意味だと言っている人もいます。それほどわたしたちの体は自然と一体化しているのですね。というより、完全に人も自然そのものなのです。
その季節季節の旬をたっぷり体に入れてあげてください。レシピから料理するのではなく、その季節の畑や土と相談しながら料理してください。料理は芸術です。例えば、夏ではトマトピューレを使うカレーやスープを、冬では人参のピューレで作ってみるなど、季節が変わっても、似た性質・味わいを持つものもあります。そこからはご自分の想像力、創造力を楽しんでください!そして疲れた時はひたすら同じ料理(小松菜だったらお浸しなど)を続けてください。調味料はたくさん使う必要はありません。質の良いもの少し使うのがコツです。それだけでも体が芯から元気になってくるのを感じるはずです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。