スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたよらない心・こだわらない心・とらわれない心

2017.03.29.23:04


これは高田好胤(たかだこういん、法相宗の僧侶・薬師寺元管主)という方が般若心経はこういうことを言っているのだと簡潔に表現したものです。これを見たときに、あ~これかもしれないと思いました。
 何かやろうとするとき、自分の中にジャッジしようとする心が現れます。絶対にこうでなくては、これは良くない、これは良い、あの人は変だ、あの人はいい人だ、ついつい、良いことや正義を振りかざして、そういうことをやっていない人、自分と相性が悪い人や、悪いと言われる物に対して悪意をもったりします。でも本当は必要があってすべて存在するわけで、陰陽で考えれば、悪があるから善がみえる訳です。そういう意味では、悪の部分や暗い部分を演じることを担ってくれている物や人には最大限感謝したほうがいいのかもしれません。(先ほどの大規模農業もそうかもしれませんね(笑))
有機農業では、化学肥料や農薬は使いません。これは身体に害を及ぼしたり、畑の微生物も減り、ミネラル分やマンガンなどの微量要素が少なくなり、土の地力を下げ、ひいては野菜のエネルギーも落ちるからです。ですから私たちがこれを使用するわけではありませんが、農薬が、化学肥料をつかっている人達を「あいつらは~」みたいに非難するのもどうかと思います。周辺の地元の人たちは自分たちが口にする自給用でも使っている人がいます。(農協は農薬をかけることを「消毒」と言って指導しているで、地元の人も農薬をかけることを「消毒する」と言います。自給分の野菜には消毒しない、という人もいます。)
種についても、なるべくは固定種の野菜のほうが、変に甘く甘く改良品種化された野菜よりもよいかもしれませんし、うちも自分でできるものは自家採種したり、固定種の種屋さんから種を買ったりしていますが、F1(改良品種)の種も使っています。自分の暮らしている環境のなかで「良くない」と思われるものをどんどん否定していくと本当に苦しくなってきて、自分が生きていることさえ否定したくなります。私の友人は、学校を卒業後20代前半ですぐに純粋な有機農業の世界に入りましたが、実家に戻った時に地元の友人と楽しくおしゃべりしながらポテトチップスが食べられないと悩んでいました。どのような理由かわかりませんが、その後に自分で死を選んでしまいました。
自分が幸せでなければ、他人を幸せにすることも難しいでしょう。まずは自分が楽しくできることを優先にしたら、かなりの部分は解決してくのではないかと思います。わたしたちも自分たちが楽しくできる農業の形が、一番食べてくださっている会員さんに最大限のポジテイブエネルギーを送ることができるのではないかと思っています。そうすると「こだわらない」という心も必要なような気がします。
全体がおかしくなっているこの世界の中で、「自分だけ」安全な世界で暮らすこと自体が難しいのです。闇を遠ざけようと、両手で押して押しても、お風呂のなかのお湯のようにまた勢いよく自分に戻ってきます。ですからある一定程度すべて一度受け入れてみるという姿勢が、返って心や体の健康の秘訣なのではないかという気がしてきました。
「かたよらない心・こだわらない心・とらわれない心」
真をつく、この言葉が妙に心に沁みます。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。