FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年 これからの未来は

2018.08.05.20:17

●これからの未来は
昨年後半から心にひっかかってくる言葉などがいろいろとあり、面白いなと思っています。
一つは沖縄の映像作家である山城千佳子さんの東京新聞での取材を受けて語っていた言葉。
沖縄の辺野古基地へ取材に行った際に基地の前で沖縄のおじじおばばたちが三線を打ち鳴らし唄ったり踊ったりしていた様子をみて、山城さんは『「ぶつかるのではなく、唄うのだ、踊るのだ」という姿が花のように美しかった、、、。』と語っていました。
自分がやられて嫌なこと、それによって誰か苦しむ人が存在することを感じるときに、その対象の力を弱めるために、闘わないといけないと思う時があります。例えば戦争、原発(輸出)や核の問題(被害にあっているのは人間だけではありません。)、ソーラーパネルが豊かになってきた畑を奪うこと、福島の放射線量のまだまだ高い地域に無理やり住民を帰還させようとしている政府、沖縄に米軍の基地が集中して、たくさんの女性や子供が被害にあっていること、権力、お金がもうかれば何をやってもいいという医療や企業、苦しむ人がたくさんいても税金が福祉に使われず、国の借金はすごいのに、巨額な武器を買ってしまう国、数え上げればきりがありません。
原発の問題は本当に深刻で、大きな地震がどこかで起これば、日本全体が福島級に汚染されて住めなくなり、日本人が難民化する、、、とまで容易に想像できてしまう、この怖さ。昨年後半は、私の周辺にいる子供たちを見るたびに心が痛み、こんな未来しか渡せないおとなである自分が情けなくて仕方ありませんでした。そんな大きな力とどうやって闘ったらいいのだろうか。今までのように「反対、反対」を言い続ければ解決するのだろうか、、、。大きな疑問でした。
でも今年に入ってから、なんとなく、、、なんとなく、、、なんですが、しかも何の根拠もないのに、「大丈夫なんだな」と思えるようになりました。そうか、ぶつかるのではなく、唄う、踊るという次元があったか、、と。自分が変われば世界が変わる。戦争を起こしているのも、戦争を必要としている自分がいるからです。本当に要らないものはこの世に存在しないわけですから、やはり「わたし」は「戦争」を必要としている精神性をもっているということです。これに「戦争」ではなく「原発」を当てはめてもいいし、「農薬」を当てはめても同じです。

とにかく一人一人が、自分にぴったりくる場で、楽しく表現し、パワー全開で踊り、唄うことが一番の解決方法だと思います。昨年亡くなった私たちも大ファンである純音楽家の遠藤賢司さんも「一人一人すべての人が全力で自分だけの音楽を奏でる純音楽家なのだ」というメッセージを機会あるたびに皆に送っていました。
そのためには健康第一。今年の正月に、実家の名古屋へ帰ったとき、ある商店街にあるカフェの看板にこう書いてありました。
「健康になれば、意識が成長し、本当の地球市民になっていく」
種が地面に蒔かれ、芽を出して、成長するように、健康になると自然に人間の意識も成長して、何の努力をしなくとも、勝手に地球市民になっていくというのです。
今、身の回りで起きているいろんな問題を平和裏に解決できるのは、地球市民の力なしにはできません。地球市民は自分と他人の境目がありません。他人の痛みは自分の痛み、他人の喜びは自分の喜びです。距離も時間も飛び越えて、すでに亡くなったご先祖様や現在生きている人、未来に生まれてくる子供たち、動物、植物、鉱物、水、もちろん地球とも会話しながら、みんなで楽しく平和に暮らします。想像してみてください。妄想ではなく、想像・創造です。イメージする力をもつのは地球上では「人」だけ。その力を使わない手はないですよね。縄文人はまさに地球市民であったので1万何千年も争うことなく平和に暮らしていたのです。きっと私たちにもできるはずです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。