スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えということ

2011.06.09.23:15

江戸時代から三百年
一年足りとも休むことなく農民が手に豆作り
土手を黒塗りし
流されないよう形づくってきた田んぼに
苗を植える
わたしたちはたった2回目の田を植える
日本人のたましい 田んぼ
うずたかく数百年 泥に積もった命の亡骸のうえに 苗を植える

そして今年は一万数千の人の亡骸のうえに 苗を植える
原発で 数百年の歴史を背負う家を追われ 田畑を手放し 家畜を死なせ
泣く泣くふるさとを離れた人々のうえに
苗を植える

こうして人は縄文の頃から生きてきた
生きるかなしみのうえに苗を植えてきた

それでも うずたかく積み上がっているのは
生きてきたひとつひとつの たましいの記憶
ここに存在できたという喜びと子孫を思う愛
喜びと愛のうえに苗を植える

犠牲のうえに植えるのならば
その米を食べるものは
犠牲の人の心を聞かねばならない
文明の終わり また始まり

始まるならば 歩きださねばならない
子孫を思う愛によって
数百年後に田を植える人を思って

いっぽんいっぽん大切な苗を植える
スポンサーサイト

comment

Secret

所感

2011.06.13.06:16

 ご無沙汰をしております。お元気そうで、何よりです。
 こちらは、鍼灸の専門学校を休学して、災害ボランティアに励む予定でしたが、恥ずかしながら勉学を続けています。ボランティアは鍼灸按摩指圧マッサージ師の資格を取ってからにします。実際、あと9ヶ月くらいで卒業なので。
 筧さんのところに電話して、八郷での農業の実情を聞かされました。茨城も被災地であり、大変であることは変わりありません。信願寺も相当な被害を被ったようで。
 これで終わってくれれば良いのですが、未だに負のエネルギーが満ち溢れている日本で、更なる深刻なダメージ(試練)が待っているような気がしてなりません。そのために日本を支えてきた心ある人達が、死に急いでいるように亡くなっているように思えます。
 亡くなった方達は一見、不幸に思えても、一定の課題を終えて去られたような。現世に残っている人達は、自分で予め設定した課題をクリア出来ずに、更なる試練が待っているような。そんな気がしてなりません。
 今の政治は、私たちを反映してか、悲しいほどに情けない。政争は、何処かべつの地にでも行って、自分達の利に終時する狭い世界で好きなだけやっていてほしい。
 今の日本の方向を指し示すのは、女性のリーダーではないかと言われています。卑弥呼にして然り。私も、ここにきてはそんな気がします。もっともウーマン・リブを謳う人物でなく、真の母性愛を持った女性が。
 とりあえず小さい一個人としては、今出来ることを、ただ一所懸命にやるだけ。あとは志が道を開いてゆくと、そう信じて日々を過ごしています。
 放射能が避けられなら、せめて気持ちだけはポジティブに、前向きに、明るく、強く、いきたいものです。くよくよ悩み、考えすぎ、マイナスのベクトルを持って生きるほうが、かえって数倍の害をもたらすのではないでしょうか。そう信じています。まずは自然治癒力を最大限に活かす生活を目指すべきでしょう。皆さん方のように。
 病は気から。気さえ上手く働いていれば、遺伝子の働きで人は環境に適応出来る筈です。もっとも、何代か後になる? 
 資格を取った後に、また遊びに行かせてもらいます。それでは。

No title

2011.06.14.22:17

しむさん
元気そうですね^^
こちらも元気でやっています。先日の田植えには子供たちがた~くさん来てくれて、苗代でばちゃばちゃ泥んこになってはしゃいで帰っていきました。この経験がいったい何につながっていくのかわかりませんが、
今わたしたちのできることといったらこれくらいしかないのです。
とにもかくにもわたしたちは生きるための食糧をここで作ります。

また遊びにきてね^^
プロフィール

縄文ふたば

Author:縄文ふたば
茨城県石岡市(旧八郷町)で百姓暮らしをしています。日々畑と会話し、いろんなことを教えてもらっています。

 1968年に愛知県に生まれる。約10年、障害をもっている人ももっていない人も共に地域で生活し、働くということで活動している市民団体「わっぱの会」(名古屋)で生活支援の仕事をする。2005年スワラジ学園で半年、あとの半年は鹿苑農場で研修生として、1年間百姓暮らしを学ぶ。2006年10月から石岡市(旧八郷町)に住み、百姓暮らしを始める。

最新記事
野菜の購入方法
野菜をお届けするにはのページをご覧ください。 または下記連絡先よりお問い合わせください。
電話/FAX:
0299-42-3771
メール:
yurifutaba@y7.dion.ne.jp
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。